2017.09.02

愛知県立松蔭高校和太鼓部国立劇場公演


プロ中のプロに支えられた舞台での公演総文祭(全国高等学校総合文化祭)の郷土芸能部門は、日本各地に伝わる祭り囃子、神楽、民謡などの「伝承芸能」と伝承曲・創作曲を含む「和太鼓」の2部門による、コンクール形式の大会です。今年のみやぎ総文では伝承芸能部門21校、和太鼓部門36校の57校が出場。華やかな舞台を繰り広げました。みらいぶで昨年取材した愛知県立松蔭高校和太鼓部は、昨年に続いて2年連続の全国大会出場。優秀賞・文化庁長官賞を受賞して、悲願の国立劇場公演を果たしました。◆昨年の取材記事がこちらに16年ぶりの総文祭出場愛知県立松蔭高校和太鼓部※これより外部のウェブサイトに移動します。 続きを読む