作問のひろば「生徒が伸びる問題づくり-化学編-」

お知らせ

〈ご参加の方へ〉ご参加いただき、ありがとうございました。参加者アンケートはこちらから。
当日資料は、「フォーラム」(会員限定掲示板)の申込者限定トピックページにて、ご確認ください。
※閲覧には会員登録(無料)及び申込者限定PWが必要です。

「生徒が伸びる問題づくり-化学編-」のご案内 満員御礼

 2022年度から実施される高等学校新学習指導要領。化学では、「観察、実験などを行い、科学的に探究する力を養う」「化学の成果が様々な分野で利用され、未来を築く新しい科学技術の基盤となっていることを理解させる」といった、思考力・判断力・表現力を育成する際の留意が求められています。では、こうした生徒たちの思考力を育成する環境とは、どのようなものなのでしょう?
 そこで今回は、作問のひろば『生徒が伸びる問題づくり-化学編-』と題して、大学入試レベルの問題を、参加者の皆さんと一緒につくっていくワークショップ型イベントを開催いたします。
 まず前半のレクチャーでは、河合塾化学科 講師・今枝洋一から、生徒が伸びる問題をご紹介いただき、良問の条件や作問プロセス等について理解を深めます。後半の作問体験では、グループに分かれて、扱う題材を選び、生徒の思考力を育成する問題原案の作成に取り組みます。他校の先生方と一緒に作問することで、新たな視点がきっと見えてくるはずです。ワークを通して得たものを、御自身の授業で活用してください。
ふるってご参加ください!

実施概要

日時:
2021年3月20日(土)13:00~16:00
会場:
ウェブ会議システム「Zoom」を使用いたします。
※3月15日以降、お申込みの方にご登録いただいたEmailアドレスに、参加に必要なURLをお送りします。
対象:
中学校・高等学校教職員、大学教職員の方。ほか、テーマにご関心のある方ならどなたでもご参加できます。
申込方法:
※受付は終了しました。たくさんのお申し込みをありがとうございました。
申込期限:
2021年3月12日(金)23:59※定員に達し次第締め切りとなります。
参加費:
無料
募集人数:
20名 ※要事前申込
主催:
河合塾/JCERI

プログラム(予定)

登壇者

今枝 洋一(いまえだ・よういち)
(学)河合塾化学科講師。現役生の基礎講座から高卒生の医進クラスまで多様なレベル・講座を担当。河合塾マナビスの講座にも登壇。化学に苦手意識のある生徒から、トップ層の生徒まで幅広く指導を展開し、解説を聞けば「できるようになる」「解けるようになる」授業で多くの生徒からの信頼を集める。「全統記述模試」「全統高2記述模試」「早慶レベル模試」の作成チーフ・メンバーであり、トップ層に向けたテキスト作成の中心としても活躍。

早川 和則(はやかわ・かずのり)
(学)河合塾化学科講師。東日本エリアの数多くの校舎・教室にて、さまざまな学年、レベルの講座を担当。河合塾マナビスの講座にも登壇。「全統記述模試」「全統高2記述模試」「早慶レベル模試」や、現役生、高卒生対象の主要テキストの作成担当として活躍。「確実に理解に近づく」授業に定評があり、受講者から「基本知識から得点源までしっかりと教えてくれる」など満足の声が多く寄せられている。

注意事項・お問合せ

注意事項:
【ご参加方法について】 ○推奨環境:安定したインターネット通信環境、PC、ヘッドセット又はイヤホンマイク ※本イベントでは、Googleスライドを利用して、参加者同士のワークを行います。Googleスライドの利用方法は、こちらをご覧ください。 ※当日は、Zoom画面から「参加者」→(自分)の「詳細」をクリック→「名前の変更」から「氏名@勤務先名」に変更してご参加ください ※本イベントでは、参加者の方に、「チャット」にて質問や意見の受付、「ブレイクアウトルーム」にて参加者同士ワークをしていただきます。 ブレイクアウトでは必ずビデオとマイクをオンにしてワークにご参加ください 【受付確認メールについて】
お申込み後、受付確認メールが届かない場合は、以下についてご確認ください。
※受信トレイにない場合、迷惑メール等に振り分けられる場合があります。 ※ドメイン指定受信設定にて「@kawaijuku.jp」「@kawai-juku.ac.jp」からのメールの受信を許可してください。 ※URL付きのメールの受信拒否を設定している場合は、解除してください。 ※入力したメールアドレスに誤りがないかをご確認の上、再度送信してください。 それでも受付確認メールが届かない場合は、お問合せ先までご連絡ください。
お問合せ:
be-a-learner@kawai-juku.ac.jp
学校法人河合塾 教育研究開発部 Be a Learner 運営担当(上野・木村・赤塚・高井)