『Be a Learner -未来のマナビを考える-』利用規約

第1条(はじめに)

  • 1. この利用規約は、一般財団法人日本教育研究イノベーションセンター(以下「当法人」)が本サイト「Be a Learner-未来のマナビを考える-」上で提供するサービス(以下「本サービス」)における利用条件を定めるものです。ユーザーの皆さま(以下「ユーザー」)には、本規約に従い本サービスをご利用いただきます。
    本サービス内には、本規約以外に「Be a Learnerについて」や「FAQ」内記載のサービスの利用ガイドラインにおいて、本サービスの利用方法や注意書きが提示されています。これらも本規約の一部を実質的に構成するものですので、あわせてお読みください。

第2条(ユーザーの定義と登録)

  • 1. 本サービスのユーザーとは、会員ならびに閲覧者の総称です。
  • 2. 会員とは、本サイトの会員登録に関する「個人情報の保護に関する事項」に同意のうえで、会員登録に必要な内容をデータ入力・送信し、当法人が承認した個人のことです。
  • 3. 閲覧者とは、本サイト内の記事の閲覧等、前項に定める会員登録を行わずに利用できるサービスを利用する個人のことです。

第3条(個人情報)

  • 1. 当法人は、ご登録いただいた個人情報を厳重に取り扱い、適正な個人情報の管理を実施します。詳細は河合塾グループの個人情報保護方針をご確認ください。

第4条(ユーザーの責任)

  • 1. 本サービスをユーザーが利用する場合、インターネットにアクセスする必要がありますが、そのためのあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段はユーザーご自身が各自の責任と費用において適切に準備、設置、操作していただく必要があります。当法人はユーザーのアクセス環境について一切関与せず、これらの準備、操作に関する責任を負いません。
  • 2. 本サービスにおいてユーザーが開示した全ての情報に関する責任は、ユーザー各自にあります。従って、当法人はユーザーが本サービスにおいて投稿を行った情報について、一切の責任を負いません。
  • 3. ユーザーが他者の名誉をき損した場合、プライバシー権を侵害した場合、著作権法に違反する行為を行った場合、その他他者の権利を侵害した場合、当該ユーザーは自身の責任と費用において解決しなければならず、当法人は一切の責任を負いません。
  • 4. ユーザーが開示した情報が原因となって迷惑を受けたとする者が現れた場合には、当該ユーザーは自身の責任と費用において解決しなければならず、当法人は一切の責任を負いません。

第5条(禁止事項)

1. ユーザーは、本サービスの利用に際し、以下のような違法行為を行ってはなりません。
(1) 著作権、特許権等の知的財産権を侵害する行為 (2) 他者のプライバシー、肖像権を侵害する行為 (3) 名誉をき損する行為、侮辱する行為や他者の業務を妨害する行為 (4) 詐欺行為 (5) 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘・運営する行為 (6) 不正アクセス行為の防止等に関する法律に違反する行為、電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法第234条の2)に該当する行為をはじめ、当法人または他者のコンピューターに対して不正な操作を行う行為 (7) その他犯罪にかかわる行為あるいは法令に違反する行為
2. ユーザーは、本サービスを利用するに際し、以下のような公序良俗に反する行為を行ってはなりません。
(1) 犯罪予告、犯罪の指南等、犯罪を引き起こすおそれのある行為 (2) 人種、民族、信条、性別、社会的身分、居住場所、身体的特徴、病歴、教育、財産および収入等を根拠にする差別的表現行為 (3) 倫理的に問題がある低俗、有害、下品な行為、他人に嫌悪感を与える内容の情報を開示する行為。ポルノ、売春、風俗営業、これらに関連する内容の情報を開示する行為。 (4) 迷惑行為、嫌がらせ行為、誹謗中傷行為、正当な権利なく他者に精神的被害・経済的被害を与える行為 (5) 自分以外の個人や会社、団体を名乗ったり、権限なく特定の会社や団体の名称を使用したり、架空の個人や会社、団体を名乗ったり、事実がないにもかかわらず他の人物や会社、団体と業務提携や協力関係があると偽ったりする行為 (6) 他者になりすましてサービスを利用したり、情報を改ざんしたりする行為 (7) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会的勢力に準じるものをいう)の活動を助長または反社会的勢力等に利益を供与する行為 (8) その他、公序良俗に反するかあるいは社会的に不適切な行動と解される行為
3. ユーザーは、本サービスを利用するに際し、以下のような本サービス利用上不適切な行為を行ってはなりません。
(1) 宣伝や商用を目的とした広告・勧誘その他の行為。ただし、当法人が特に許諾する場合はこの限りではありません。 (2) 性交およびわいせつな行為を目的とした出会い等を誘導する行為 (3) 他法人の個人情報を盗用、収集、蓄積、変更、利用する行為 (4) 当法人の承諾なく、本サービスを転用・売却・再販する行為 (5) 当法人が行う要請、命令、強制的措置等に反する行為 (6) 別途「FAQ」等に定められたルール、ガイドラインに反した情報を登録する行為
  • 4. ユーザーは、以上の各項の他、当法人が不適切であると判断する行為を行ってはなりません。

第6条(当法人の財産権)

  • 1.当法人は本サービスに含まれる情報、サービスおよびソフトウェアに関する財産権を保有しています。
  • 2. 本サービスに使用されている全てのソフトウェアは、知的財産権に関する法令等により保護されている財産権および営業秘密を含んでいます。
  • 3. ユーザーは、本サービスにおいて自己が作成、投稿した作品など、本サービスに送信した著作物について、著作権を有します。
  • 4. 当法人は、本サービスへ送信された情報(会員登録時の個人情報を除く)を、河合塾グループならびに当法人の業務提携企業の運営するサービス、出版物などに掲載し、利用することができ、ユーザーはこれを無償にて許諾します。
  • 5. ユーザーが自己の保有する、本サービスへ送信された情報に関する著作権を第三者に譲渡する場合、第三者に本条の内容につき承諾させなければなりません。

第7条(免責事項)

  • 1. 本サービスは実験的なサービスの公開を目的としたものです。当法人は、本サービスの内容において、欠陥、一時停止、一部削除、変更、終了およびそれらが原因で発生したユーザーまたは他者の損害に対し、故意または重大な過失がある場合を除き、一切の責任を負いません。
  • 2. 本サービス上に開示されている情報の一部は会員によって開示されたものですが、当法人は本サービスを監視する義務を負いません。本サービスを利用したことで会員または他者に発生した損害について、故意または重大な過失がある場合を除き、当法人は一切の責任を負いません。
  • 3. 当法人は、本サービスを監視する義務を負いませんが、本規約に反する、あるいはそのおそれがある行為や情報開示がある場合には、当該情報の削除や、掲載場所の移動、当該行為を行った会員の利用制限や登録取り消しなどを行う場合があります。その際、会員は、当法人の行った処置について、異議を申し立てることはできません。
  • 4. 当法人は、本サービスにおいて開示された情報および同情報のリンク先が提供するサービスの合法性、道徳性、著作権の許諾の有無、信頼性、正確性について責任を負いません。また、当法人は、前記情報のリンク先が現存しているか否かについて責任を負いません。
  • 5. 当法人は、会員が自発的に開示した情報により、他の会員または第三者との間における紛争、誹謗中傷、いやがらせ、詐欺、ストーカー行為等の被害を受けた場合、同被害に基づく損害について、一切の責任を負いません。他の会員や第三者との間における情報交換は、会員各自の責任において最大限の注意を払って行ってください。

第8条(規約・サービスの変更等)

  • 1. 本規約は、予告なしに変更されることがあります。ユーザーの皆さまに個別通知することはいたしかねますので、ご利用の際には、随時、最新の利用規約をご参照ください。
  • 2. 本サービスの内容は、将来予告なく変更、追加、削除することがあります。

第9条(当法人への連絡)

  • 1. 本サービス利用に伴うユーザー順守事項に他者が違反しているのを発見した場合、その他当法人に対する問い合わせが必要な場合は、お問い合わせフォームをご利用ください。

第10条(準拠法および管轄)

  • 1. 本規約の準拠法は、日本法であり、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。